肌のバリア機能を破壊する界面活性剤に注意

ニキビで悩んでいた時、漢方医にお世話になり完治した経験があります。
その担当医の方に教えて頂いたのですが、界面活性剤入りの化粧品は使わない方がいい、ということです。

界面活性剤の入ったシャンプー、洗顔料などの洗浄剤は、肌のバリア機能を破壊するとのこと。
肌本来のきめがなくなるので、ゆくゆくはビニールのような肌になってしまうそうです。
もちろん乾燥も酷くなり、何を付けても潤わない砂漠状態に。

この界面活性剤の厄介なところは、コストがかからないので、安値の商品に使用されている場合が多いこと、また、使用感が非常に良く、日常的に使ってしまうこと、などが挙げられます。

界面活性剤には色々種類があり、成分表を見ても素人の私たちにはなかなか分からないのですが、ラウリル硫酸、ラウレス硫酸、という成分が入っているものはできるだけ避けた方が良いとのことです。

界面活性剤が使われていない化粧品は、正直、使用感があまり良くないです。
しかし、何年後かの自分の肌の為に、使用感は後にしても安全で良いものを使うのが良いと思います。